FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブホテルからの夜景 その4

サンシャインの窓から漏れる明かりを眺めながら、僕は鈴の乳房を隠すように愛撫を繰り返した。

鈴の身体が反応を始めた。

閉じていた唇が軽く開き、身体がピンク色に染まり始める。

鈴の乳房を覆っていた指をゆっくりと開く。

乳首が露になる。

指で乳首を摘む。

そして、指先で乳首を転がすと乳首が硬くなる。

窓の外からも、鈴の乳首が見える。

右手を乳首から離すと、鈴の身体を這いながら、股間のヘアーを掻き分けた。


その奥にある、裂け目に触れた。

濡れていた。

じんわりと、そこは、濡れていた。

「見られているよ。」僕は、鈴の耳元でささやく。

「いや。」鈴は、そう言いながらも、僕の指を受け入れる。

そして、僕の指をもっと奥まで誘うように、自ら足を開く。

僕の指は、誘いを受けて割れ目の奥を弄る。

さらに、濡れてくる。

鈴の口から喘ぎ声がもれる。

鈴の手が、後ろにまわり、僕の勃起したペニスを握る。

そして、濡れたワギナへの中へ誘う。

僕のペニスが、鈴の身体の中へと入っていく。

鈴は、自ら自分の腰を動かし始めた。

僕は、その動きに合わせる。

窓の外には、相変わらず、サラリーマンが何も知らずに歩いている。

客引きが、獲物を探して右往左往としている。

走り去る電車の中の人までも見ることが出来る。

それが、僕達を興奮させた。

僕は、鈴の中にペニスを入れたまま、背後にあるベットに腰掛ける。

背面座位。

僕の膝の上に乗ったままの鈴の足を、僕は大きく開かせた。

視線の低くなった窓からは、背の高いビルの上の方だけが見えた。

「サンシャインの展望台から双眼鏡で見たら、全部見えちゃね。」僕は、業とそんなことを言った。

そして、鈴の割れ目を大きく開いた。

鈴は、返事の変わりにあえぎ声を出した。




つづく







タイトル:わかめ酒でお刺身をまん汁を付けて頂く

配信日:2009-04-14

再生時間:00:60

動画詳細>

浴衣がとってもお似合いの純子さん。乳首もオマンコもきれいな薄ピンク色です。そのオマンコから湧き出たお汁でわかめ酒とお刺身をいただきます。ズボズボとバイブを入れられたまらずイッてしいます。チンコをねっとりとくわえこみしゃぶりあげ、そのギンギンになったチンコを自らオマンコにずっぽり挿入。熟女ならではのエロさがたまりません!







テーマ : *不倫 de 純愛* - ジャンル : 恋愛

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アフィリエイター必見
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
真夜中のさびしがり屋
この2ショットチャットで出会った人妻とエッチしました!!
ランキング
ランキングアップに協力お願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングアップにクリックしてね

FC2Blog Ranking

プロフィール

露出 風来坊

Author:露出 風来坊
エッチな恋の お話です。
カップル喫茶や野外露出、そしてスワッピング・・・二人のエッチな冒険を綴った物語やネットでの女性との出会いを書き綴っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ライブチャット
ただいま生ライブ中!!一見の価値あり!!結構、はまっています!!
人妻クラブ
人妻の熟れた魅力いっぱい!!
若妻~五十路超えの超熟女まで!人妻・熟女無修正動画サイト人妻クラブ!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。