FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップル喫茶の玄関先で全裸に。。。

「受付の所に、写真が有るから、好きに見てください。」
マスターは、そう言うと立ち去った。

僕達は、暫く裸のまま話をした。
2人は、バスタオルで身体を隠すこともしなかった。
話をする間も、僕は、時々悪戯をするように、鈴の乳房を触った。
鈴は、そのお返しの様に、僕のペニスを触った。
でも、2人の会話は、今、起きた出来事には触れないでいた。

「写真を見に行かない?」会話の切れ間に鈴が言った。
僕たちは、バスタオルを身体に巻いて、部屋を出ると廊下を歩き受付に向かった。
受付は、普通に照明が付いている。
すぐ横が、玄関だった。
マスターは、受付の奥の部屋に引っ込んでいるらしく、姿を確認することが出来なかった。
受付の横にある壁には、多くのポラロイド写真が貼ってあった。
もちろん、写真は、日本の法律を守る内容である。
マスターが言うように、縛られている女性の写真や、明るくピースサインをしている若い裸の女性の写真。
そんな女性の写真が何十枚、いや、百枚は超えているかもしれない。
壁一面に所狭しと貼ってあった。
顔をマスクで隠し、身体隠さずの写真もあったし、普通に顔を出している写真もあった。
皆、多分、お金を貰って写真に撮られているのではない。
「よく顔出しできるわね。」と鈴が言った。
「出来ない?」鈴に聞いた。
「知り合いが来たらばれちゃうじゃない。」鈴が言った。
僕たちは、カップル喫茶の受付で、裸にバスタオルを巻いただけで、そんな会話をしていた。

ここで鈴のバスタオルを取ってしまったらどうだろうか?ってふっと思った。
二人裸になって盛り上がってしまったら、マスターに怒られるかな?とふっと思った。
玄関開けたら、裸の男女が絡み合っていたなんてなったら、お客さんビックリかなとも思った。

僕は、写真を眺めている、鈴を後ろから抱きしめた。
鈴は、微笑みながら、振り向いただけで、抵抗はしなかった。
僕は、鈴のバスタオルの裾から手を忍び込ませた。
太ももを撫でた。
鈴が、立ったまま足を開いた。
鈴の股間の奥に指を入れた。

陰毛の感触が、指に伝わる。

濡れているのが分かる。

「こんなところで、だめよ。」鈴が小声で言った。

指の動きを止めない。

割れ目を開く。

クリトリスに触れる。

鈴が、声を出しそうになるのを堪えているのがわかる。

濡れている。

鈴のバスタオルを剥ぎ取る。

鍵の掛かっていない、玄関先の受付で、鈴を全裸にする。

「感じちゃう。」鈴の声は、擦れる。

鈴の手が後ろに回り、僕のバスタオルを外し、勃起したペニスを握る。

「欲しい。」鈴が言う。

僕達は、裸のまま部屋に戻ると、鈴を椅子に座らせて、一つになった。

人妻が、カップル喫茶で、他の男のペニスを濡れたバギナに咥えこんでいた。


こんな出会いを求めてみませんか??


人妻たちの痴態をもっと見る



もっとアダルトブログを見る!!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アフィリエイター必見
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
真夜中のさびしがり屋
この2ショットチャットで出会った人妻とエッチしました!!
ランキング
ランキングアップに協力お願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングアップにクリックしてね

FC2Blog Ranking

プロフィール

露出 風来坊

Author:露出 風来坊
エッチな恋の お話です。
カップル喫茶や野外露出、そしてスワッピング・・・二人のエッチな冒険を綴った物語やネットでの女性との出会いを書き綴っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ライブチャット
ただいま生ライブ中!!一見の価値あり!!結構、はまっています!!
人妻クラブ
人妻の熟れた魅力いっぱい!!
若妻~五十路超えの超熟女まで!人妻・熟女無修正動画サイト人妻クラブ!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。