FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可憐との出会い

チャットをはじめて1ヶ月ぐらい過ぎたころだった。
8月の暑い夜だった。
彼女のハンドル名は、”可憐”と言った。
2人は、初め普通の世間話をした。
確か、年齢や、住んでいる場所の話だったと思う。
落ち着いた感じの話かたをする女性だった。
可憐は、大阪に住んでいた。
僕は、東京に住んでいた。
年齢は、同じで、彼女には子供が2人いると言った。
そして、僕達は1ヶ月、チャットとメールを繰り返した。
メールに必ず ”大好きな 可憐 へ” ではじめた。
内容は、その日の出来事をなるべく面白可笑しく書く程度に努めた。

9月に入ると、僕は、仕事で大阪に行くことになり、そのことをチャットで伝えた。
そして、会う約束をした。

僕は、可憐とどうやってセックスに持ち込むかを考えた。
それは、簡単だった。
待ち合わせ場所に、ビジネスホテルを指定すると、彼女は、何も言わずに納得をした。
それがどういうことなのか、こちらも言わなかったし、彼女も聞かなかった。

その日、僕は、夕方大阪に着き、チェックインを済ますと、彼女に電話した。
そして、ルームナンバーを伝えた。
その後、彼女が来るまでは、落ち着かない時間を過ごした。
それから、しばらくして部屋をノックする音が聞こえた。

僕は、部屋のドアを開けた。

テーマ : 遠距離恋愛 - ジャンル : 恋愛

可憐が部屋に来た

ドアの外には、可憐が立っていた。
どちらかと言うと、ぽっちゃりとしたタイプだった。
でも、それは、決していやな感じでは無かった。
僕は、彼女を部屋の中に招き入れた。
可憐は、緊張をした面持ちで部屋に入って来た。
僕は、彼女の持っていたバックを受け取り、部屋の片隅に置いた。
「はじめまして。。。。かな?」僕は、笑顔で言った。
可憐が微笑んだ。
僕は、可憐を、そっと抱き寄せた。
可憐は、一瞬、身体を強張らせた後、身体の力を抜いた。
そして、僕の胸に顔を埋めた。
無言の時間が流れた。
洋服越しに、可憐の乳房の膨らみを感じた。
僕は、黙って可憐を抱きしめた。
そして、可憐の頬に、そっと手を添えると、顔を上げさせた。
顔にある、ソバカスが似合っていた。
キスをした。
優しく、キスをした。
キスをしながら、ズボンの中で、僕は勃起した。
僕は、勃起した股間を、可憐が気がつくように軽く押し付けた。
可憐は、酔ったように僕の唇を求めていた。
僕は、抱きしめている腕に力を込め、きつく可憐を抱きしめた。
2人の舌が、生き物のように絡みあった。

2人の夜の、始まり告げるように、舌と舌が絡まりあった。

ランキング



テーマ : 遠距離、婚外恋愛 - ジャンル : 恋愛

はじめての人妻体験

僕達は、ホテルの部屋で出会うなり、会話もモドカシイ様に、抱き合い、キスを繰り返し、そして、倒れこむ様にベットの上で重なった。
まだ、服は着たままだった。
ブラウスの上から、可憐の乳房を揉んだ。
大きな乳房だと思った。
服を剥ぎ取り、大きな乳房を早く頬張りたかった。
でも、その思いを堪えた。
唇を重ねたまま、服の上から乳房を揉み、ズボンの上から太ももを撫でた。

出会って、30分。

2人は、全裸になり、ベット中にいた。

可憐の、大きな乳房を舐め

股間の黒い陰毛の奥

ピンクのクレパスを舌で開き

クリトリスを舐め

可憐は、喘ぎ濡れる

そして、可憐の中にペニスを挿入した

ゆっくりと、腰を動かすと、可憐の腰も合わせて動く

僕は、人妻を、はじめて抱いた


他のアダルトブログも見てみる!!

私は、出会ったよ!!


テーマ : たくさん恋する - ジャンル : 恋愛

人妻に中だし

僕のペニスが、可憐の中に挿入されていった。

人妻可憐のバギナの中は、熱く柔らかく濡れ、僕のペニスを咥えた。

可憐が、きつく僕を抱きしめてきた。

あえぎ声の、トーンが変わる。

僕の動きが激しくなる。

「中で大丈夫。」可憐は、あえぎながら、そう言った。

「いく。」僕が、言った。

可憐の腕の力が強まり僕を放さない。

僕は、人妻可憐の中に白い精を放った。

2人の動きが止まる。

それでも可憐は、僕を離さない。

それでも可憐は、僕のペニスを離さない。

可憐のバギナが、ペニスを飲み込んだまま、怪しく動いていた。

女体のしんぴ


更にアダルトを読む!!

本当の人妻のエロス、リアルさをとことんにまで追求した無修正動画サイトが登場!その名も「人妻斬り」。AVの様に創り込まれていない画面からひしひしと伝わる臨場感と素人妻の生々しさがたまりません。まずは無料サンプル動画でリアルな世界をお楽しみ下さい。



響くあえぎ声!最高潮に吹き上げる潮!目の前のナマ脱ぎに思わず叫ぶ!


テーマ : いろんなことがあるもんさ - ジャンル : 恋愛

人妻可憐がお口で。。。

僕と可憐は、裸のまま抱き合っていた。
可憐の身体は、程よく肉が付いていて、抱き合っていると、柔らかく気持ちがよかった。
抱き合い、何度も、何度も、キスを繰り返した。

「私、こんな風に丁寧に男性に抱かれたのはじめて。」可憐が言った。
「旦那は?」
「なんだか、義務的で、時々、哀しくなっちゃう。」
僕は、可憐の大きな乳房に触れた。
「こんな風にしてくれない?」僕は、そういうと、可憐の乳首を指先でもてあそぶ様に愛撫をした。
「あああっ。」
可憐の手が延びて、僕のペニスを握った。
僕は、また、勃起した。
「口でしてあげる。」
可憐は、そういうと、身体をずらして股間に顔を埋めた。

人妻の舌が、僕の勃起したペニスを根元から舐め上げた。
何度も。
何度も。
可憐は、僕のペニスを舐め上げた。
ペニスの先端を舌で刺激してきた。
亀頭の傘の部分から、ゆっくりと口に含んでいった。

人妻が、僕のペニスを口に含んでいる。

僕は、興奮を覚えた。

僕は、可憐の身体を、自分の身体の上に誘導をした。
69の体制にした。

人妻可憐は、僕のペニスをフェラチオしながら、僕の身体を跨ぎ、股間を目の前に曝していた。
可憐の割れ目も、お尻の穴も、僕の目の前にあった。

可憐は、淫らな格好を曝して、濡れていた。

他のアダルトブログも見てみる!!

ライブチャット比較サイトへ GO!! 無料待機画面を見比べるのが楽しいよ!!

チャットレディー募集 女性のお小遣い稼ぎ!!

キャンペーン中です!!
若妻~五十路超えの超熟女まで!人妻・熟女無修正動画サイト人妻クラブ!

テーマ : セックスの本当の快楽 - ジャンル : 恋愛

人妻のオシャブリ

その日、可憐の中に、3回挿入をした。
やや、ぽっちゃりとした体系に似合わずに、可憐の中は、僕のペニスを締め付けた。

ベットの中にいる間、可憐は、ずっと僕のペニスを握っていた。
僕のペニスは、勃起しっぱなしだった。

「これ、すごく気持ちいいわ。」可憐は、ペニスを握ったまま言った。
「嬉しいな。」
「もって帰りたい。」そう言うと、いたずらっぽく笑った。
そして、「いい?」と、顔をペニスに向けて言った。
「いいよ。」
可憐はうなずくと、髪を掻き揚げて、また、ペニスにキスをした。
そして、しばらく眺めた後に、口に含んだ。
可憐のフェラチオも気持ちがよかった。
可憐の舌は、厚く、ねっとりと舐めてくれた。
「おいしい。」可憐が言った。
「もっとして。」僕が言った。

そして、十分に勃起したことを確認すると、可憐は、僕の上に跨り、腰を静めてきた。
僕は、寝転んだまま、可憐の腰の動きを見ていた。

旦那にもこんなことをしてるのだろか?
ふっと、そう思った。

大画面で見る女性のカラダの一部始終。マニアックサイトならではの見たい部分がモロ見えドアップ。一味違ったオナニーなんかも大好評!なんでもかんでも入れちゃおう!アクメシリーズでは失禁・失神者続出・・・



テーマ : 秘密の恋愛 - ジャンル : 恋愛

二度目の逢瀬

僕達は、その年の秋には、会うことが出来なかった。
次の大阪の出張は、秋の終わりだった。
その間に、緑だった葉は色づき、やがて散り、舗道を枯葉色に染めた頃だった。

僕は、可憐と、梅田の人ごみの中を、並んで歩いた。
ゆっくりと、2人で歩くことを楽しむように、並んで歩いた。
多くの人達が、2人を追い越していった。
そのとき、僕達は、何を話したのだろうか?
今の、僕には、その記憶は無くなっている。

僕が、覚えていることは、可憐が、何かを訴えるように、僕を見た、その瞳だった。
僕は、可憐の無言の訴えを理解した。
そして、僕は、可憐の手を握った。
可憐は、僕に縋り付くように、ブラジャーに包まれた、大きな乳房を、僕の腕に押し付け、嬉しそうに微笑んだ。

今度は、僕が、可憐に訴えるように瞳を向けた。
可憐は、無言の訴えを、笑いながら理解してくれた。
そして、僕達は、屋台でたこ焼を食べた。

僕達は、ホテルに入り、ドアを閉めると、シャワーを浴びる時間も惜しむように、抱き合い、唇を重ねた。
僕の背中は、ドアに寄りかかったままだった。

僕は、可憐の服を脱がした。
可憐は、僕の服を脱がした。

僕達は、全裸になって抱き合い唇を重ね、舌を絡ませた。
誰かが、廊下を通る気配がした。

可憐の唇は、僕の胸板を這い、腹部を這い、しゃがみ込むと、勃起している、ペニスを口に含んだ。
可憐は、何かを求めているように、シャワーも浴びていない、僕のペニスを口に含んだ。
そして、激しく、ペニスを吸った。
その姿は、愛しかった。

他のアダルトブログも見てみる!!


お得なキャンペーン中!!
8日間で8ドル   無修正見放題!!

テーマ : 婚外恋愛 - ジャンル : 恋愛

嵐のようなキス

可憐との二度目の逢瀬は、嵐のような激しさだった。
可憐は、貪るように、僕の身体を愛撫した。
僕の身体、全てを食べつくように、舌を這わした。

シャワーも浴びる間もなく、僕を、ベットに押し倒すと、ワイシャツ、ズボン、シャツ、トランクスと、身に着けているもの全てを、一気に剥ぎ取った。
それは、まるで、何かに追われているようだった。
裸になった、僕に、覆いかぶさるように、重なり僕の唇にキスをした。
それは、キスというには、激しすぎた。
可憐の舌は、僕の口の中に入ると、激しく動き、口の中を舐めまわし、僕の口を激しく吸った。
まるで、僕の唾液を吸い尽くす勢いだった。

そして、可憐は、自ら着ている服を脱ぎ捨てた。

そして、僕の体中を舐め、暖かく柔らかな大きな乳房が僕の身体を這った。
僕は、可憐の求めるがままに、可憐に身を任せた。
時々太ももに触れる可憐の股間は、濡れていた。

可憐は、口を吸い、瞼を舐め、耳を噛み、首筋から、僕の乳首を舐めた。
主人が帰ってきた犬のようだった。

可憐は、足の指から、僕のお尻の穴まで舐めた。
そして、袋を舐め、ペニスを美味しそうに舐めた。
根元から、先まで、何度も舐め上げ、口に含んだ。
舌でペニスの先端を刺激し、可憐の唾液で、ペニスは、濡れ光っていた。

ペニスが、硬く勃起したことを確認すると、僕を跨ぎ、腰を下ろした。

ペニスのが、可憐の股間に飲み込まれていくのが見えた。
可憐は、上下に腰を動かしながら、喘ぎまっくていた。
可憐の身体が、踊りを踊るように、くねくねと僕の身体の上を動いた。

そのたびに、ペニスが、バギナの中に挿入されているのが、はっきりと見えた。

僕は、可憐の中に、射精をした。

可憐はペニスをゆっくりと抜いた。

可憐の太ももに、僕の白い精液が流れた。

他のアダルトブログも見てみる!!



人妻の性欲

アダルトブログをもっとみる
人気アダルトBLOG

可憐は、何度も快楽の絶頂を上り詰めた。
この世の、快楽を全て自分の中に取り込むように、僕の身体を貪った。

可憐は、ベットの中で、ほとんど、僕に何もさせてはくれなかった。
僕は、初体験の女性のように、ただ、ベットに寝転がり、可憐の愛撫に身を任せていた。

僕が、可憐の中に射精をすると、満足をするように、僕の体の上に覆いかぶさってきた。

可憐の息は荒く、深く呼吸を繰り返していた。
吸って。
吐いて。
吸って。
吐いて。

可憐の体中の力が抜けていた。
僕は、可憐の重さを、心地よく感じていた。

可憐は、シャワーを浴びると、やっと落ち着きを取り戻した。

「私、変じゃなかった?」
「変じゃないけど、凄かったよ。」
「ごめんね。」
「気にすることはないよ。
 俺も、可憐を見ていて、十分興奮したしね。」
「キスをされたら、どうしようもなく、貴方のことが、欲しくなっちゃったの。
 こんなこと、今まで、初めてよ。」
「旦那さんにも、しないの?」
「旦那とは、もう、ほとんどなにもないわ。」
「こんな、素敵な、セックスが出来る女性なのにね。」
「なんだか、今になって、恥ずかしいわ。」
「とっても、感じたよ。」
「そう言って、もらえると嬉しい。」
「今度は、俺の番だね。」

僕は、そう言うと、可憐の身体の上に覆いかぶさりキスをした。

人妻は、午後に乱れる。

アフィリエイター必見
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
真夜中のさびしがり屋
この2ショットチャットで出会った人妻とエッチしました!!
ランキング
ランキングアップに協力お願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングアップにクリックしてね

FC2Blog Ranking

プロフィール

Author:露出 風来坊
エッチな恋の お話です。
カップル喫茶や野外露出、そしてスワッピング・・・二人のエッチな冒険を綴った物語やネットでの女性との出会いを書き綴っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ライブチャット
ただいま生ライブ中!!一見の価値あり!!結構、はまっています!!
人妻クラブ
人妻の熟れた魅力いっぱい!!
若妻~五十路超えの超熟女まで!人妻・熟女無修正動画サイト人妻クラブ!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。